ボディへのショット











抜く場所がない場合や












サーブぼ場合はボディって打ちますよね。









相手に強く当たってしまったら









謝りますけど









それも含めたのが









tennis












一種の格闘の側面もありますよね!











怪我に注意して楽しみたいですね!








目指せ完璧ボディSHOT!!









人気ブログランキングへ

↑↑ブログランキングに参加しています!貴方の1クリックが書く励みになるので応援してください↑




















この記事へのコメント